大きいバストを目指す|メス以外にもレーザーや注射で治療できる|美容外科でのプチ整形
ウーマン

メス以外にもレーザーや注射で治療できる|美容外科でのプチ整形

大きいバストを目指す

バスト

方法と内容

豊胸とは、豊満で美しい女性の胸のことをいいます。このようなことから、豊胸憧れている方は多いのではないでしょうか。では、豊胸のおすすめの方法を紹介します。豊胸手術は、3種類に別れます。一番手軽な方法は、注射器でヒアルロン酸を注入することです。ヒアルロン酸注入は、30分程度で処置が可能です。また、金額も8万円程度からでき、非常に手軽なのです。ダウンタイムもないため休みをとる必要もないところがメリットです。ただ、永久ではないので1年から2年経つと効果が半減してくることがあるのです。次に同じように注入する方法で、脂肪注入といった方法もあります。脂肪注入は、自身の太ももの脂肪を胸に入れるといったやり方です。2時間程度の時間で終わります。そして永久的に効果が持続します。ただ、3日ほど休みが必要であり、脂肪が少ない人はできない可能性もあります。

選択する際の注意点

最後にメスを入れる方法として、シリコンバックを入れる方法もあります。シリコンバックは、シリコンの大きさを調節することができるため、サイズを好きなものにすることが可能です。また、形を自由に選択できることから綺麗な形を実現することができるのです。ただ、触ると他の方にわかってしまうことがあることや、完成するまでに一年ほどの時間が必要といった場合もあります。自身が豊胸にどういったメリットを求めるかによって手術内容は大きく変わってきます。より良い豊胸手術を受けるためには、質の良いものを選ぶことが重要です。そのためには、多少の金額を払う必要があるので、安いからと安易に決めるのはおすすめできません。また、清潔感があるかなどしっかりと美容整形外科をチェックすることが重要です。